酵素の働き

酵素の働き


酵素という言葉を最近よく耳にするけど、それがいったいどういう働きをしているかわからない。


そう思っている方多くないでしょうか?



毎日、食べている、炭水化物、つまりお米、パンなどですね、それから、肉、魚の栄養素であるたんぱく質、そして、パターや、油などの栄養素である脂質。


これらを摂取したら、体の中で、どういう働きによって、どうやって消化吸収されているか考えたことがあるでしょうか?


まず、炭水化物はブドウ糖という物質に変えられ、だんだん消化されて、最後、小腸から栄養素を吸収されます。


こうやって何かしら吸収するために必要な形に変化させてくれるのが、酵素の働きです。


そして、この酵素もまた、これだけとれば働くというわけではありません。ビタミンミネラルという補酵素がなければ、機能しないのです。


そして、この酵素や、補酵素が体の中で足りなくなってしまったばあい、どういうことがおきるかといえば、栄養素であるブドウ糖はエネルギーとして活躍できなくて、同じ場所に滞ってしまいます。


そうなると、体は積極的に蓄えようという働きをしますから、脂肪細胞はどんどん大きくなり、それ自体が肥満化して、太ってしまうわけです。


posted by トマ美ちゃんの酵素ダイエット43歳主婦 at 16:05 | Comment(0) | 酵素
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。