安河内哲也先生の英語論。日本人の英会話力、これからの英語力

私は安河内哲也先生の大ファンである。
先生のキャラクター。
そして、おっしゃる英語についてのお話。
全部、大好きだ。

最近、笑っていいともや、いろんなテレビ番組に
でていらっしゃるので、先生を知る日本人は増えてきたと思う。

先生は、日本人の英語力アップを徹底的に改善しようとしている。
英語は音読だ!話せなけりゃ、英語力といわないと。訴えて、
大学生や、予備校生に徹底的に読む、しゃべる英語を鍛えようとしてらっしゃるひらめき

日本人って、一体何年英語を勉強するんだろう。
中学からにしたって、高校までで6年みっちり。
そして、大学もあわせると、長い時間、英語、英会話、受験英語、英検受験、TOEIC受験と
大騒ぎされて、英語を勉強する雨

それなのに、英語を話せるかといわれると、自信がある人はまだまだ多くないバッド(下向き矢印)
TOEIC受験、TOEICのSW(Speaking Writingのテスト)を受けている
数が韓国に比べるとまだまだ少ないというひらめき

受験英語はつめこまれ、英語の問題をとくチカラはついたけど、
英語を話す、英語で書くという実力は実はなかった。というのが現状。

もうすぐ大学受験にTOEFLが導入されるという。
まだ詳しいことは決まっていないというが、
やっと若い人達は、他の国の英語力においつく力がついていくのか。

受験英語体制が変われば、それを準備する学校も、予備校も対策を
とってくるのだから、かわっていうことを期待したいひらめき
posted by トマ美ちゃんの酵素ダイエット43歳主婦 at 10:11 | 酵素
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。