老眼鏡?いつから?何色?老眼コンタクト?老眼レーシック?

昔から目がよかったので、老眼は早いね。といわれ続けていた。
そんなこといったって、見えるものはしょうがない。
なんでも見えちゃう手(チョキ)

喜んでたけど、やっぱり、視力は加齢にともない、衰えてきた。
ずっと2.0だった視力だけど、最近の検査では1.5になった。
それでも十分、もちろんまだまだなんだって見えるわーい(嬉しい顔)

でも、しかし・・・近くは全く見えなくなってきた。
これが、まさに、老眼というものか。
老眼とは、老いる目とかく。なんとさびしいワードなのだもうやだ〜(悲しい顔)

そんなこといっていても、見えないものは見えない。
老眼鏡をもっていたほうがいいに決まってる。
老眼鏡といっても、いろいろある。
ルーペみたいなのから、本格的なおばあちゃん!って感じの老眼鏡まである。

ヨーロッパのお年寄りはみんなすてきな老眼鏡をかけていらっしゃるけど、
あんなのが似合うとも思えないバッド(下向き矢印)

普通に、高くもない、老眼鏡を手に入れようと思う。
さて、何色にするかな?やっぱり、見かけがまず気になる私である手(チョキ)
形状記憶樹脂採用高機能ファッションシニアグラス(老眼鏡)【メイソウシニア”愛”クラブ】

こんな感じかな・・
賢そうに見えるのがいいなあ。

でも、最近では、老眼鏡じゃなくて、老眼レーシックや、老眼コンタクトの話も
噂にきく。

老眼レーシックはちょっと後遺症とか怖いから、老眼コンタクトが
気になる。
posted by トマ美ちゃんの酵素ダイエット43歳主婦 at 12:43 | エイジング
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。