添加物の一括表示

添加物の一括表示について


ph調整剤、グリシン、調味料(アミノ酸等)って3個かいてある添加物。3種類はいってるんだーって思いませんか?これならまだまだ少ないほうかな?なんて。


これって、3種類なんてとんでもない、最低6種類、多ければ、10種類入っているそうなんです。なんでも、一括表示ってことで。


一括表示ってなんだ?でしょ?一括表示とは、文字通り、いくつかの添加物を一括して表示することです。香料や乳化剤など、同じ目的のために使われるのであれば、一括して表示していいよっていう食品衛生法で定められているのです。


そのほうがわかりやすいだろうってことなんですが、加工業者にとっては、とってもありがたいこと。でも、私たち消費者にとっては、何が入ってるかわからないのが事実です。


たとえば、食品の変色を防ぐための、PH調整剤ですが、これは、ひとつの物質ではないのです、クエン酸ナトリウム、酢酸ナトリウム、ポリリン酸ナトリウム、フマル酸ナトリウムなど添加物の集合体なわけです。


たくさんこういう何とか酸ナトリウムがずらーーーっと並んでいると、添加物だらけっていうイメージがありますが、一括表示なら、あんまり入ってないようなイメージに見せかけることができます。


気をつけましょう
posted by トマ美ちゃんの酵素ダイエット43歳主婦 at 21:11 | Comment(0) | 酵素
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。